Apple WatchにSuicaを2枚設定する!経費も私用も一括管理する方法!

appleWatch

Apple WatchにSuicaを設定して利用していると便利ですよね。ですが、Suica(スイカ)を使用して支払う会計の一部を経費に使用したい場合、経費で使用しない会計については、Apple WatchのSuica(スイカ)を使用できないことになってしまいます。それでは、Apple Watchの便利さは半減してしまいますよね。

そこで、Apple WatchにSuica(スイカ)を2枚登録する方法をご紹介します。Apple WatchにSuica(スイカ)を二枚登録することで、経費用のスイカと、プライベート用のスイカを登録することで、一枚のスイカを経費専用にして使用することができます。

ぜひ活用して、経費管理に役立ててください!

 

通常のスイカ以外に登録できるスイカとは?

通常に登録できるスイカとは、緑色のスイカですよね?通常のスイカ登録のように、カード番号を利用してスイカをApple Watchに登録します。

ですが、その通常の緑色のスイカは、2枚Apple Watchに登録することはできません。

緑色のスイカではなく「青いスイカ」をApple Watchに登録します。

青いスイカというのは、「みずほ銀行のスイカ」のことです。

厳密には「みずほWallet for iOS」ということです!

みずほWallet for iOSについて詳細はこちら!

 

使い方はスイカと同じ!

「みずほWallet for iOS」というと「ウォレット?口座とか登録するの?」と心配になりますよね!

ですが、こちらの「みずほWallet for iOS」の使用方法は、スイカと同じような使い方、プリペイド的な使い方なんです!

 

使用する時には、登録しているクレジットカード(IDやエディ)を使用するときと同じように、サイドのボタンをダブルクリックしてカードを選択して使用します。

ですから、カバンから財布やパスケースを出すことなく、腕もとの操作だけで、スイカを切り替えて使用することができるんです!

これなら、腕もとのApple Watchだけで、経費もプライベートの出費も支払いができますね!

 

おすすめのappleWatch登録カード

腕元で複数のクレジットカードや決済を切り替えられるApple Watch。便利な登録カード情報をご紹介しますね!

  • プライベートのクレジットカード
  • プライベートのスイカ
  • 経費用のクレジットカード
  • 経費用のスイカ

この4枚のカードを登録しておくだけで、ほとんどの決済は経費だろうがプライベートの利用だろうが、財布を出すことなく、キャッシュレスの決済をすることができます!

IDでの支払いやエディの支払い、さらにはスイカなどの「非接触型」の支払いができない会計の場合には難しいですが、非接触型の支払いができる会計であれば、プライベート決済も経費決済も可能です。

あとは領収書だけしっかりと管理しておけば良いということです。

 

まとめ

プライベートも経費も、クレジットカード払い・スイカ支払いの両方に対応できることで、appleWatchでほとんどの支払いがキャッシュレスで過ごすことができます。

もちろん、上記のカードをスマホに登録することで、appleWatchではなくスマホ支払いでも対応することができます。

あらゆる場面でキャッシュレス・財布を出さなくて過ごせるというのは、かなり快適です。

しかも、財布をあまり使用することがなくなれば、財布を小型化することができるので、旅行や出張などの時にも快適に過ごすことができます!

ぜひ、活用してみてくださいね!