「進撃の巨人」アニメ、シーズン2の26話から始まるのってどうなの?

テレビアニメ進撃の巨人、2期が始まりましたね!!

でもわたしが何より気になったのは「2期26話」から始まったことです。

「シーズン2の1話から25話って見逃したのかな!?」とかなり焦りました。

この表記ってどうなんでしょうか?

Sponsored Link

 

そもそもシーズン2なの?

公式サイトを見る限り、ちゃんと「Season2」と入っているので、今回始まったアニメは間違いなくシーズン2ということになります。

アニメを見ても、オープニングタイトルでやっぱり「Season2」の文字が入っています。

ということは間違いなくシーズン2であり、話がいくら繋がっていると言っても「タイトルを分けた別のもの」という認識で間違いないようです。

本当に26話から始まったの?

ちゃんとタイトルを分けた、「シーズン1(仮称)と別のもの」だということは、普通1話から始まると思いますよね。

今回の初回「獣の巨人」は本当に26話なんでしょうか?

こちらもアニメのオープニングあと、タイトルと一緒に「#26」と表記されています。

公式サイトも「物語」ページで「第26話」との文字があります。

シーズン2としては1話なんじゃ……?

つまりシーズン2としては1話から25話は存在しないということになります。

製作委員会とかの関係でタイトルを分けなければいけないなどということであれば1話から始めれば良いと思うんですよね。

どうしても通算の話数から始めなければいけなかったんでしょうか。

シーズン1として26話ならまだわかる

黒子のバスケなどがそうだったかと思いますが、シーズン2とか、タイトルを分けてなかったんですよね。

なので、26話など中途半端な話数から始まってもそれほど違和感がありませんでした。

放送として間が空いただけですからね。

ですが今回はタイトルを分けたにもかかわらず中途半端な話数から始めるという状態で、なんとなくしっくりきませんね……

シーズン分けするべきか?

正直、話が繋がっているなら放送時期が空いててもシーズン分けはしなくて良いと思うんですよ。

ストーリーを楽しんでいる視聴者にとってはシーズンが分けられている意味って「放送一回終わって、また始まったから」くらいの認識しか無いですよね?

制作委員会とかの署名は、毎話オープニングとかに記載されるわけだし、冒険が一度終わってまた始まった「第2弾」とかでもなければ、タイトル変える意味って視聴者にとっては無いのでは?と思います。

大人の事情か?

どうしてもタイトルに「Season2」と入れなければいけなかったとか、そういう「大人の事情」があったんでしょうか。

通算の話数がわかること自体は悪いと思いませんが、通算にするのであればシーズン分けしなくて良いと思うんですよ。

それでも特設サイトとか広告の関係とか、そういうので分けなければいけなかったんでしょうかね……

まとめ

今回の進撃の巨人Season2が26話から始まったことはかなり違和感がありますね〜

せっかく作品としては面白いのに、慣れるまでは、見るたびに気になっちゃいますね(汗

Sponsored Link