同じ声優が出すぎているといろいろ混同しちゃう話

同じ声優が出すぎているといろいろ混同しちゃう話

声優がアイドルタレント化してから、たくさんのアニメで同じ声優が出ているということが増えましたよね。

好きな声優さんがたくさん出ているというのはうれしいことでもあるのですが、ちょっと偏りすぎじゃありませんか?

同じ声優さんがたくさんの役をこなすことについて、少し考えてみました。

人気があるのだから良い!

アニメファンのなかでときどき聞くのが「好きな声優さんが出演していたらそのアニメを見る」という意見です。

わたしも好きな声優さんが出ているなら「見てみようかな」と思うことがあります。

そうなると、人気のある声優さんを起用した方が作品に人気が出ることにつながるので、結果的に人気のある同じ声優がたくさんのアニメ作品に出ることになります。

でも限度というものが……主役級で何役もやっていると「ああ、またか」てなりますよね。

役が混同してしまうことも

見ているアニメの本数が多いと、いろいろと話とか役とか混同してきちゃうときがあるんですよね……

出番の少ないキャラがキャラ被りしていると「あれ?こいつって〇〇したやつだよね……?」ってちょっと不安になります。

特に、ちょこっとだけ出てきて良いところだけ持っていく、渚カヲルタイプのキャラが一番厄介で、キーキャラが把握しきれないという由々しき事態になってしまいます。

撮りためた録画をまとめて見られれば良いのですが、毎週見ているのに他の作品とキャラ&声優かぶりしていたり、全24話を12話ずつ放送しない期間をはさんで放送していたりすると「???」てなりやすいです。

「同じ声優」て気づかない?

しかし声優ヲタクでもないと「また同じ人だ」ってあんまりわからないみたいですね。

だったら何作品にも同じ人が出ていてもまあいいのかな?ってなりますが、DVDやグッズを買うようなアニメファンは結構声優に詳しい人が多いと思うんですよ。

そういうファンは「またか……」って思っていると思うんですよ。

わたしの周りでも、同じ声優に胃もたれの症状を感じている人が出ています。

同時に抱える本数の制限

主役級で同時に何役もやるのって、本数制限とかないんでしょうか。

それとも、本数制限してあれだけの出演をしているんでしょうか。

まあ「主役級」ていう扱いもあいまいではありますが、人気で選んだことによって同時期に出演しすぎることになってしまったっていうのは避けてほしいですよね。

ちゃんと出来レースではないオーディションで役を決めているなら、あとからDVDで見たときに、本当にその人が最適な役だったのかで配役を決めてほしいですね。

いや、人気のある声優さんはとてもすごい方ばかりなので、役に合っていないとか、そういう話しじゃありませんよ?

まとめ

人気のある声優さんを起用すること自体は悪くはないと思います。

ですが人気だから起用しているのだとしたら、ファンとしてちょっとがっかりすることもあるわけです。

まあ、そうは言ってもお金が儲からなければアニメを作ることはできないので、アニメを作る側も見る側もキャスト以外にその作品の面白さや期待値を予測できるようなものがあれば良いと思うんです。

そういうものを見つけていきたいですね。