JINSのブルーライトカットのメガネを3つ作って比べてみた

眼鏡ケース

JINSのメガネが安かったので、ブルーライトカット効果のある眼鏡を3つも作ってしまいました…
せっかくなので比較をレポートしたいと思います!

3つのメガネはそれぞれ、外出用、自宅用、会社(パソコン作業)用です。

それぞれの眼鏡のスペックはこちら

①外出用

外出用スペック

②自宅用

自宅用スペック

③会社(PC作業)用

会社(PC作業)用スペック

私は右目の近視が強く、左目は軽い遠視と乱視が入っている為、度の調整にくろうしました…
スペックをまとめると以下のとおり。

①外出用※ブルーライトカット効果付き
右-4.25
左-0.50 -1.75
両目視力1.0程度

②自宅用※通常レンズ

右-4.00
左-0.00 -1.50
両目視力0.7程度

③会社(PC作業)用※ブルーライトカット効果付き

右-3.50
左-0.00 -1.00
両目視力0.6程度

自宅用は2〜3メートル先のテレビを見る想定。
会社(PC作業)用は30〜50cmくらい先のデスクトップPCを見る想定で作成してもらいました。

まずは気になる話題「ブルーライトのカットは効果があるのか?」です!

結果から言いますと、あります!
「度が強い眼鏡で近くを見続けると目が疲れる」という事を耳にしますが、実際「度が弱い眼鏡」と「度が強いけどブルーライトカット効果のある眼鏡」でパソコン作業をしてみると、後者の方が疲れにくかったのです!

「ブルーライトカット眼鏡と、ただの色付き眼鏡って違うの?」という印象がありましたが、同じクリアレンズで試したので、実感としては「効果あり」とするに十分な疲労感の軽減がありました!

もちろん、眼精疲労だけではなく、見えづらい事によるストレス等も影響している可能性はありますが。

ちなみにその後、自宅用眼鏡に度を変更してブルーライトカットレンズに交換してもらい、会社用の眼鏡も度を調整してもらいました。

交換した後のスペックはこちら

②自宅用※ブルーライトカット効果付き

右-4.00
左-0.50 -1.25
両目視力0.8程度

③会社(PC作業)用※ブルーライトカット効果付き

右-3.75
左-0.25 -1.25
両目視力0.7程度

自宅用は度を変えなくても良かったのですが、少し左目が疲れる印象があったので、乱視矯正を弱くして近視の度数を上げてもらいました。
会社用は少し見えづらいと感じる事が多かったので、左右共に少しずつ度を上げてもらいました。

視力は体調や疲労などにより結構変わるので、眼鏡を作りに行った日はぴったりの度でも、毎日使用していると不便を感じたり、見えすぎたりする事はよくあるみたいです。
なので、こちらで数週間、様子をみてみようと思います!

JINSは半年以内なら2回までレンズ交換を無料でやってくれるので、安心して度の調整ができますね。
これは、かなりありがたいです!

ちなみに、もらえる眼鏡ケースが以前と変わっておりました。

会社(PC作業)用スペック 眼鏡ケース

以前のケースよりも汚れが気になるのでは?と心配になりますが…
私は「チェック」と「グレー」にしましたが、こちらの柄は期間限定だとか。

JINSの眼鏡ケースは540円とお安めの割にクオリティが高いので、度無し眼鏡の為のケースとか、Zoffで買った眼鏡のケースとか予備とか…って、買い過ぎ注意ですね。