ウェアラブル「i5Plus」の開封の儀!使い心地とおすすめ販売店も!

i5Plusの本体

活動量計とかウェアラブルって、使ったことありますか?

わたしは結構好きなんですよね。

前にも持っていたんですが、時計も表示されないただのバンドだった上に壊れてしまったため、このたび新しいものを購入することに決めました!

ということで、i5 Plusを購入しましたので開封の議をやってみたいと思います!

購入したのはi5 Plus!

今回わたしが購入したのは「i5 Plus」というものです。

使っていたウェアラブルは時計の表示がされないただのバンドで、 活動量計として使っていました。

つまり、ランニングマシーンで走るときや睡眠計測として使っていたんです。

ただ、外出先などで「やっぱり時計表示があった方が便利だな~……」と思うようになってきたんです。

なので今回は、活動量計でありながら時計表示がされることを条件にウェアラブルを選びました。

まあ時計が表示されるウェアラブル なんて、今時珍しくもないのでたくさんありました。

次の条件が、appleヘルスケアと情報が同期できることです。

ランニングマシンで走るときなど、スマホを置いたまま走るので、歩数の計測はウェアラブル頼りになります。

そこで計測した歩数の情報を、appleヘルスケアに記録したいということです。

そのなかで安価で、さらにスマホの通知もしてくれるもの、ということで I5 Plus にすることに決めました!

さっそく開けてみる

Amazonから商品が届いたので、さっそく開けてみたいと思います!

外箱はこんな感じ。

i5Plusの外箱

裏側はこんな感じです。

英語なので何が書いてあるかわかりません……(-_-;)

i5Plusの箱の裏

2000円程度で購入できるのに、このクオリティーはハンパないと思います。

それほど高級感もないですが、安っぽさもあまりありません!

この商品は、Amazon内でもいろんな販売店から買えるみたいですが、保証内容が違うみたいです。

私はカラー展開が豊富なうえに、半年保証が付いている販売店にしました。

開けてみるとこんな感じ。

i5Plusの本体

販売店さんによるみたいですが、わたしの場合は小さい日本語での説明書が付いてきました。

うん、やっぱりネイビーにしてよかった!

黒って、質感によっては安っぽく見えちゃったりするんですよね。

でもこの質感だったらそんな心配はなかったかな?っていうくらい、結構しっかりしています。

ちなみに表面に貼ってあるシールは剥がせますよ、もちろん(笑

最初から充電がされている状態だったので、ちょっと動かしたら画面が光りました。

よく見るとわかりますが、黒い部分のすべてがタッチセンサーになっているわけではないようです。

センサー部分

タッチで飯能する部分は、真ん中らへんの表示がされる部分だけみたいです。

もう少し画面が広いと思ってたから、ちょっと残念な気がします。

支障がないから、良いんですけどね。

スマホとペアリングして使う!

箱の後ろ側にあったバーコードから、専用アプリがダウンロードできます。

そのアプリを利用してベアリングすれば、ウェアラブルを使うことができます。

まずはダウンロードしたアプリの設定をします。

メアド・パスワードが必要!

アプリではメールアドレスとパスワード、再設定用の電話番号を入力します。

電話番号は再設定用なのでウソを書いても覚えていられれば大丈夫なようです。そう書いてありました。

その後プロフィールの入力に移ります。

性別・身長・体重・誕生日を入力!

性別と身長を入力するのですが、性別で女性を選ぶと、身長が91センチから162センチまでしか入力できません。

もう少し高い身長まで入力ができてもいいのかなと思いました。

その後は体重の入力です。

こういった情報で消費カロリーとかを計算しているんだと思います。

それから誕生日の入力です。

これも年齢を確認するためだと思いますが、入力のとき「月」が英語で書かれているので間違えないようにしてください。

目標を設定する!

プロフィールの情報が入力できたら、その後は目標の入力です。

1日に何個ある体重は何キロにしたいのか、目標を入力します。

ここまで全て入力できたら自動的に、デバイス検索が行われます。

このときまでに、I5 Plus 本体の電源は入れておくようにしましょう。

わたしのI5 Plus は、すぐに検索できたみたいです!

デバイスの候補として数字の羅列が出てきましたが、これが実際に届いたデバイスを指しているのかは不明です。

1つしか検出しなかったので、おそらくこれで間違いないと信じて、ベアリングを進めます。

これでペアリングが完了です!

アプリ自体は難しいことはなく、計測した内容がそのまま見られるようです。

ヘルスケアと連動できるのは以下の項目のようです。

ヘルスケアとの連動

使い心地は?

少し腕を動かしただけでもちゃんと反応して画面表示がされるので、時計としてもちゃんと使うことができそうです。

本体に厚みがあるので、腕につけたとき最初は多少邪魔に感じるかもしれません。

でも慣れればあまり気になりませんし、手首の内側部分はそこまで厚くないので問題ないでしょう。

交換用ベルトは発売されていないみたいなのでベルトが壊れたら本体ごと交換になりそう。

ベルトを買い換えるほど高価なものじゃないからそのぐらいでちょうどいいと思うけど。

通知はiPhoneの通知センターに送られてくるものが表示されるみたいです。

アプリごとに設定すると言うよりは「通知センターに来るものは全てリストバンドに通知する」ということの様子。

ただ、LINEも通知センターから見れる分くらいの文章はリストバンドから見れてしまうので、助かります!

カメラは専用アプリから!

カメラのシャッターについては、専用アプリの中にあるカメラを立ち上げたとき、リストバンド側がシャッターボタンになるみたいです。

それ以外のカメラシャッターとして利用できないので注意してください。

さてこれにて開封の儀終了です。

思った以上に良いものなので、ウェアラブルとかリストバンド型デバイスが初めての人には、かなりおすすめです!

それから、以前から活動量計を使っている人も、最低限の機能で良いから安く収めたい!という人も、2,000円程度なので買って損は無いと思います!

1年保証で購入したい方はこちら!サポートがついているみたいです。

「サポートや保証も欲しいけれども色にこだわりたい!」と言う方は、わたしが購入したこちらのお店からがおすすめです。

ウェアラブルを一度使ってみたら、その便利さにやめられなくなると思いますよ!